調べたいキーワードで検索する

シュフティ利用規約

株式会社うるる(以下「うるる」といいます)は、うるるが提供するWEBサービス「shufti(シュフティ)」(以下「シュフティ」といいます)を利用する個人及び法人(以下「ユーザー」といいます)に対し、ユーザーがシュフティを利用するにあたり遵守しなければならないルールとして、以下の通りシュフティ利用規約(以下「本規約」といいます。うるるが別途公表しているお仕事依頼ガイドラインを併せて「本規約等」といいます)を定めます。

 

第1条 総則

ユーザーは、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意してシュフティを利用するものとし、シュフティを利用した場合には、当該ユーザーは本規約を遵守することに同意したものとみなします。

 

第2条 定義

本規約において、各用語は以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「シュフティ」
    うるるが運営管理するWEBサービス「shufti(シュフティ)」をいい、サービスの名称又は内容が変更された場合は、理由の如何を問わず当該変更後のサービスを含みます。
  2. 「ユーザー」
    第5条に定めるユーザー登録を行った上でシュフティを利用する個人又は法人をいいます。
  3. 「クライアント」
    シュフティ上に仕事を登録し、ワーカーからの見積りに対し、仕事を発注するユーザーをいいます。
  4. 「ワーカー」
    登録された仕事に対し見積りを提出し、クライアントから発注された仕事を受注するユーザーをいいます。
  5. 「サービス一覧」
    シュフティ上で提供している各種機能及び有料オプションについて記載しているシュフティのWEB画面上の「サービス一覧」をいいます。
  6. 「プロジェクト形式」
    シュフティ上でクライアントが登録した仕事に対し、ワーカーが見積書を提出し、双方合意により成立する仕事の形式をいいます。
  7. 「タスク形式」
    シュフティ上でクライアントが登録した仕事に対し、不特定多数のワーカーがタスクの全部又は一部について作業を行い、成果を売り込み、クライアントが承認をした部分についてのみ取引が成立する仕事の形式をいいます。

 

第3条 本規約の変更

  1. うるるは、運営上の必要に応じて本規約を随時変更することができるものとします。この場合、うるるはユーザーに個別に通知する方法又はシュフティのWEB画面上に掲載する方法により、当該変更の旨をユーザーに通知するものとします。
  2. 前項の当該変更内容の通知又はシュフティのWEB画面掲載後、ユーザーがシュフティを利用した場合又は30日以内に登録取消の手続をとらなかった場合には、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなし、当該時点をもって当該変更の効力が生ずるものとし、ユーザーはこれに拘束されるものとします。

 

第4条 利用資格

  1. シュフティの利用資格は、法人又は満16歳以上の個人で、第5条に定める本サービスのユーザー登録を行った者に限られるものとします。
  2. ユーザーは、ユーザー登録を行った時点で本規約等の内容に同意したものとみなします。
  3. ユーザーが未成年である場合には、親権者を含む法定代理人の包括的な同意を得た上で登録するものとし、うるるは未成年者のユーザー登録がなされた時点で親権者を含む法定代理人の包括的な同意を得たものとみなします。

 

第5条 ユーザー登録

  1. ユーザーは、シュフティ上の登録フォームからユーザー登録を行うものとします。
  2. シュフティに登録したユーザーは、うるるに対し、うるるがクライアントから仕事の対価の収納及びワーカーへの支払いを代行することを委任するものとします。
  3. 以下の各号のいずれかに該当するとうるるが判断した場合には、ユーザー登録を承認しない場合があります。またユーザー登録後であってもユーザー登録を取り消す場合があります。
    1. 登録内容に虚偽又は誤記があった場合
    2. 実在しない個人又は法人である場合
    3. 他人名義でシュフティに登録した場合
    4. 他人に利用させる目的でシュフティに登録した場合
    5. 不正の目的をもってシュフティを利用した場合
    6. 未成年者が親権者を含む法定代理人の包括的同意を得ていないと判明した場合
    7. 過去にユーザー登録を抹消された個人及び法人であると判明した場合
    8. 反社会的勢力又は反社会的勢力に協力・関与したこと等のある個人及び法人であると判明した場合
    9. シュフティに違法又は不適切な仕事を登録したとうるるが判断した場合
    10. その他、ユーザーとして不適格とうるるが判断した場合
  4. うるるがユーザー登録の申込を承認しない場合、うるるは当該申込者に対し、承認しない理由を開示又は説明する義務を負わず、承認しないことによって申込者に生じる損害については一切責任を負いません。

 

第6条 シュフティの役割と取引責任について

  1. シュフティは仕事をしたいワーカーと仕事をお願いしたいクライアントに向けて、取引の機会と取引に関する各種の情報と機能を提供するユーザー間の直接取引(以下「ユーザー間取引」といいます)のプラットフォームです。
  2. ユーザーがシュフティを利用して行う全取引は、プロジェクト形式かタスク形式かの種類を問わず、ユーザー間の直接取引となり、うるるは契約当事者になりません。ただし、本取引に基づくクライアントからワーカーに対する仕事の対価の支払事務は、第11条に定めるところにより、うるるがワーカーに代わり当該仕事の対価を受領し、それをうるるがワーカーに引渡すことにより行われるものとします。ワーカーは、本項において、うるるに対して、本規約に定める条件に従いクライアントからの仕事の対価をワーカーに代理して受領する権限を付与したものとみなします。

 

第7条 仕事登録

  1. クライアントはシュフティに定める手続きに則り、ワーカーに依頼したい仕事を登録するものとします。
  2. クライアントによって登録された仕事は、うるるの承認を経てシュフティ上に公開されるものとします。
  3. クライアントによって登録された仕事が、第18条第1項各号に定める事項のいずれかに当てはまる場合には、うるるは当該仕事の登録を承認しないことができます。ただし、うるるが当該仕事の登録を承認した場合であっても、第18条第1項各号に該当しないことを保証するものではありません。
  4. 当該仕事の登録後に第18条第1項各号のいずれかに該当することが判明した場合は、うるるが仕事の登録を取り消す場合があります。
  5. 前二項の定めに従いうるるが、仕事の登録を承認せず、又は仕事の登録を取り消したことにより、ユーザー又は第三者が損害を被った場合であっても、うるるは一切の責任を負うものではなく、ユーザーは自らの故意又は過失の有無にかかわらず、自らに生じた損害を甘受し、又は自己の責任と費用をもって取引先であるユーザーその他第三者に生じた損害を賠償するものとします。

 

第8条 ユーザー間取引

  1. ユーザーは、ユーザー間取引が成立した場合には、仕事の形式にかかわらず、成立した契約を完了する義務があります。
  2. ユーザー間取引において発生する各種連絡についてはシュフティを通してユーザー間で行うものとします。
  3. ユーザーが未成年者である場合におけるユーザー間取引については、当該未成年者ユーザーが第4条の定めるところに従い親権者を含む法定代理人の事前の包括的同意を得ていることを前提とした上で、さらに、当該取引の当事者となるユーザーは、ユーザー間で個別に契約書等を別途締結するなど必要な対応をしなければならないものとします。万一、ユーザー間でトラブル等が発生した場合は、協議の上ユーザー双方の合意をもって解決するものとし、うるるは一切の責任を負うものではありません。
  4. シュフティを利用してユーザー間に成立する契約はいかなる意味でも雇用契約又は雇用契約類似の労働契約と評価されるものではあってはならず、これに反するクライアントとワーカー間の契約その他の合意は無効とします。本項の規定は本規約の如何なる規定にもかかわらず、クライアントとワーカー間の如何なる合意にも優先して適用されるものとします。
  5. ユーザーは、シュフティを通じて知り合ったユーザー間におけるシュフティを介さない仕事の受発注、仕事の対価の支払い、又はそれを勧誘する行為、勧誘に応じる行為、その他のやり取り(シュフティで取引開始をしたユーザーとシュフティの登録抹消後に再度取引する場合を含み、以下「直接支払等」といいます)を行ってはならないものとします。ユーザーが、直接支払等を行ったことが判明した場合、うるるはユーザーから当該直接支払等をシュフティを通じて行った場合に発生するシステム利用料(第11条第1項第1号に定義されます)の2倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)をうるるに支払うものとします。
  6. ユーザー間取引において発生した法的義務の履行・トラブル対処等についてはユーザー間で解決するものとし、うるるは一切責任を負いません。

 

第9条 プロジェクト形式及びタスク形式における取引ルール

ユーザーは、仕事の形式にかかわらず、シュフティを通じてユーザー間取引を行った時点で、本条に従うことに同意したものとします。ただし、ユーザーが、ユーザー間で本条の定めと異なる定めをした場合における、当該ユーザー間の権利義務に限り、当該ユーザー間の、異なる定めが優先するものとします。

  1. 権利の帰属
    1. 成果物に関する譲渡可能なすべての権利(著作権法27条及び28条の権利を含みます)は、ワーカーへの支払いが完了した時点でクライアントに帰属し、ワーカーは、成果物を納入したクライアント又はクライアントの取引先に対し、成果物に係る著作者人格権を行使しないものとします。
    2. ワーカーは、ワーカーがクライアントに納入し権利を譲渡する成果物について、当該ワーカーが当該成果物を正当に譲渡する権利又は権限を有していること、及び、当該成果物又はその譲渡が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。ワーカーがこの保証に違反した場合、ワーカーはクライアントに対し、代替成果物の納入、損害の賠償その他の責任を負うものとします。この場合における、ユーザー間のトラブルの解決その他の処理は、全てユーザー間で直接協議解決するものとし、うるるはいかなる責任も負うものではありません。
  2. 業務の再委託
    ワーカーは、クライアントより依頼を受けた業務の全部又は一部を第三者に行わせることはできないものとします。
  3. プロジェクト形式の場合における成果物の検査
    プロジェクト形式の場合、クライアントは、ワーカーから業務にかかる成果物の引き渡しを受けた後、14日以内に速やかに検査を実施し、シュフティを通じて、合格の場合には「検収OK」を、不合格の場合には「検収NG」をワーカーに通知するものとします。成果物の引渡時から14日を経過してもクライアントがワーカーに対して「検収NG」の通知をしない場合には、クライアントは「検収OK」したものとみなします。
  4. プロジェクト形式の場合における成果物の再検査
    プロジェクト形式の場合、ワーカーは、前項に規定するクライアントの検査の結果、「検収NG」の通知を受けた場合には、クライアントと別途協議のうえ、当該成果物の不合格事項を適切な形に修正した上でクライアントの再検査を受けるものとします。クライアントの再検査については前項の規定を準用するものとします。
  5. タスク形式の場合における承認、非承認
    タスク形式の場合において、クライアントが、ワーカーから成果物提出の連絡を受けたにもかかわらず、14日を経過しても「承認」又は「非承認」を行わない場合には、成果物提出の連絡を受けた日から14日を経過した時点で、クライアントはワーカーの提出した成果物を承認したものとみなされ、クライアント及びワーカー間に取引が成立したものとみなされるものとします。
  6. 業務委託料その他の仕事の対価の金額
    クライアントがワーカーに対して支払う業務委託料その他の仕事の対価の金額は、シュフティ上で取り交わした発注単価(消費税及び地方消費税を含む金額)に実際に作業を行った件数を乗じた金額とします。
  7. 業務委託料その他の仕事の対価の金額の改定
    プロジェクト形式の場合、クライアント及びワーカーは、次のいずれかに該当する場合、協議のうえ業務委託料その他の仕事の対価の金額を改定できるものとします。
    1. 業務の遂行に際し、クライアントよりワーカーに提供された資料、又はクライアント所有に係る業務の遂行に関連のある資料に起因して、クライアント・ワーカーいずれかに予期できない費用が発生した場合
    2. 業務の遂行に際しクライアントよりワーカーに提供された資料、クライアント所有に係る業務の遂行に関連のある資料の内容若しくは提供時期に変更があった場合、又は業務の納品予定日に影響を及ぼすような業務内容の変更があった場合
    3. 前号に定めるほか、クライアント及びワーカー間で別途合意した場合
  8. 取引における法令遵守
    1. ユーザーは、ユーザー間取引において、法令を遵守する義務を負います。その中には、以下のものが含まれますが、これに限られるものではありません。
      1. ユーザー間取引が下請代金支払遅延等防止法の適用を受けるときは、親事業者たるクライアントは、同法を遵守するものとします。また、同法の適用の有無にかかわらず、クライアントは、独占禁止法及びこれに関連する公正取引委員会告示等に定める不公正な取引方法その他独占禁止法に違反する行為を行わないものとします。
      2.  ユーザー間取引によってワーカーに支払われる仕事の対価につきクライアントが源泉徴収をする義務があるときは、クライアントは、源泉徴収税の納付、支払調書の交付等の義務を履行するものとします。
    2.  うるるは、ユーザー間取引におけるユーザーの法令遵守につき、何らこれを保証するものではなく、ユーザーの行為について何らの責任を負わないものとします。
  9. 取引における機密保持
    1. ユーザーは、ユーザー間取引又はその成立過程において、取引の相手方たるユーザーから開示される情報、プロジェクト形式及びタスク形式の依頼に関する一切の情報、ユーザー間取引遂行中に知り得た情報、及び、取引の相手方たるユーザーが保持する個人情報(以下「機密情報」といいます)を、すべて機密として保持し、ユーザー間取引の目的以外には一切使用せず、第三者に一切開示、漏洩しないものとします。
    2. 本項第1号の規定に関わらず、以下のいずれかに該当することをユーザーが証明したものついては、機密情報から除かれるものとします。ただし、個人情報については(f)のみが適用されるものとします。

      (a)ユーザーが開示を受けた時点で既に公知又は公用となっている情報
      (b)機密情報の開示後に、ユーザーの責によらず公知又は公用となった情報
      (c)開示を受けた時点で、ユーザーが既に正当に知得していた情報
      (d)開示を受けた後、正当な権限を有する第三者から守秘義務を負うことなくユーザーが適法に入手した情報
      (e)開示者が、第三者に開示することを文書により承諾した情報
      (f)法令又は確定判決等により開示を義務付けられた情報

    3. ユーザーが、機密情報を利用するにあたって、ユーザーの従業員に機密情報を開示する必要がある場合には、開示目的を達成するに最小限必要な従業員に限定して開示するものとします。この場合、ユーザーは従業員が機密情報を漏洩若しくは開示目的以外に利用しないよう、監督その他の必要な措置を講ずる義務を負うものとします。
    4.  ユーザーは、機密情報を極秘にして扱い、全て合理的な安全管理体制及び漏洩防止手段を講じる義務を負うものとします。
    5.  ユーザーは、ユーザー間取引を開始する前に、必要に応じ、別途機密保持契約を締結し、相互の機密保持に努めるものとします。ただし、ユーザーは、別途機密保持契約を締結しているか否かにかかわらず、ユーザー間取引に関し、相互に本条に定める機密保持義務を負うものとします。
    6.  うるるは、シュフティの運営上必要な場合には、シュフティ上におけるユーザー間のやり取りその他ユーザーがシュフティ上に開示する機密情報を含む一切の情報を閲覧することができるものとし、ユーザーはこれを承諾するものとします。
    7. うるるは、ユーザー間取引における機密保持につき、何らこれを保証するものではなく、何ら責任を負わないものとします。
  10. 複写・複製の禁止
    ワーカーはクライアントの事前の書面による承諾を得ることなしに、機密情報を複写又は複製してはならないものとします。
  11. 返却等
    ワーカーは業務が終了したときには、クライアントの指示に従い開示を受けた機密情報を返却又は廃棄しなければならないものとします。ただし、クライアントから別途に指示があるときはこれに従うものとします。ワーカーはクライアントの指示により機密情報が含まれる物件を廃棄するときは、機密情報が判別できないよう必要な処置を施した上で廃棄しなければならないものとします。
  12. 機密情報の取扱い状況に関する報告
    クライアントはワーカーにおける機密情報の取扱い状況について、定期的に報告を求め、必要な場合には機密情報の管理状況を調査することができるものとします。この場合、ワーカーは速やかに報告又は調査に応じるものとします。
  13. 作業中の解約
    ユーザーの一方がプロジェクト形式の作業中に解約を行う場合は、シュフティの「取引中止依頼」にて相手方に申し出を行い、相手方の合意を得なければならないものとします。
  14. プロジェクト形式、タスク形式の契約消滅
    クライアント及びワーカーの責に帰すことのできない天災、地変その他不可抗力により業務の履行が不能となったときは、クライアント又はワーカーは、当然にプロジェクト形式又はタスク形式の契約を終了できるものとします。
  15. 損害賠償
    ワーカーが本規約等に違反してクライアントに損害を与えた場合、クライアントはワーカーに対して損害賠償請求をすることができるものとします。この場合のワーカーの賠償責任限度額は、仕事の対価の金額を上限とします。
  16. 免責
    ワーカーは、クライアントに発生した損害のうち、相当因果関係のないものについては、クライアントに対する損害賠償義務を負わないものとします。
    クライアント及びワーカーは、本条第14項に規定する天災、地変その他不可抗力を直接の原因としてプロジェクト形式又はタスク形式の契約が終了した場合、相手方に対する損害賠償請求権を放棄するものとし、相手方に対する損害賠償義務を負わないものとします。
  17. 権利譲渡の禁止
    クライアント及びワーカーは、プロジェクト形式又はタスク形式に基づく権利又は義務を、第三者に譲渡あるいは承継させることはできないものとします。

 

第10条 シュフティに関する非保証等

  1. うるるはシュフティ内でクライアントが登録した仕事やその他一切の情報に関する内容・品質・正確性・適法性(知的財産権その他第三者の権利非侵害を含みます。以下同様)・有用性・信憑性などについて確認する義務を負うものではなく、何ら保証するものではありません。
  2. うるるはシュフティ内においてうるるが提供するコンテンツその他一切の情報の内容・品質・正確性・適法性・有用性・信憑性などについて、何ら保証するものではなく、当該情報に関し何ら責任を負うものではありません。
  3. シュフティの本人確認サービスは、あくまでもユーザーに応じて以下の事項について情報提供するものに留まり、本人確認済みユーザーであっても、うるるは、その存在、責任能力、行為能力、業務遂行能力、適格性、ユーザー連絡先情報の正確性、その他の能力又は適格性の有無等を一切保証せず、一切責任を負うものではありません。
    ・個人の場合:うるるが指定する本人確認書類による氏名・住所・生年月日の確認
    ・法人の場合:法人名及び本店所在地が登記情報と合致しているかの確認
  4. 第9条の規定はシュフティを利用するユーザーの意思を確認するものにすぎず、うるるは、プロジェクト形式又はタスク形式における取引契約、機密保持契約、その他のユーザー間の合意の存在、有効性、合理性、妥当性及び契約履行の可能性又はユーザーによる個人情報の管理の妥当性等について何ら保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。
  5. 前各項に定めるほか、うるるは、シュフティの内容・品質・水準、仕事の安定的な提供、シュフティの利用に伴う結果などについては、一切保証するものではありません。ユーザーがシュフティを利用した場合において、不正確、不適切、不明瞭な内容、表現、行為などにより、ユーザー又は第三者に対して直接的又は間接的な損害が生じた場合であっても、うるるは、当該損害について一切の責任を負うものではありません。また、うるるは、ユーザーに対して、アドバイスを行ったり情報提供を行ったりすることはありますが、アドバイスや情報提供の正確性、有用性、又はユーザーの望む結果の実現に対して何ら責任を負うものではありません。
  6. 本条第1項から5項の規定は、うるるに故意又は重過失が存する場合には適用しません。

 

第11条 シュフティ利用料及び決済

  1. シュフティは、ユーザー登録、仕事登録などについては原則として無料でご利用いただけますが、以下のとおり、シュフティのWEB画面上の「サービス一覧」記載のシステム利用料をお支払いいただきます。この場合において、ユーザー間で取引する金額や以下の利用料については、別段の定めがない限り、すべて消費税が含まれるものとします。なお、うるるは以下の利用料に係る債権を第三者に譲渡し、又は債権回収を法令において許容される範囲で第三者に委託することができるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
    1. システム利用料
      プロジェクト形式又はタスクの形式の取引成立時のシステム利用料(以下「システム利用料」といいます)として、ワーカーは業務委託料等として受け取る仕事の対価(以下「取引成立金額」といいます)の10%をうるるにお支払いいただきます。第12条の規定に基づき、クライアントがうるるに対して後払いシステム利用料を支払う場合には、クライアントは、うるるに対して、後払いシステム利用料を支払うものとします。その場合はうるるが指定した支払期日まで(支払期日が土日・祝祭日にあたるときは、土日・祝祭日を除く最終営業日(前営業日)まで)にうるる指定の銀行口座への振込による払込みを行うものとし、ワーカーはそれに同意するものとします。
    2. 有料オプション利用料
      シュフティのWEB画面上の「サービス一覧」に記載されている有料オプションを利用する場合は、利用する有料オプションに応じて、「サービス一覧」に記載されている金額をうるるにお支払いいただきます。
  2. ユーザー間取引に関する金銭の支払いについては、うるるが指定する金融機関への振込又はクレジットカード決済によることができます。ただし、プロジェクト形式において、前払いの入金手段を採用する場合には、決済手段は、クレジットカード決済に限るものとします。
  3. うるるからユーザーへの支払いは、月末締め、10日締め、20日締めのうちユーザーが設定した締め日の翌日から1〜4営業日以内に、うるるからユーザーに対して振り込みをする方法により行うものとします。
  4. 各プロジェクト方式に応じた決済方法
    1. プロジェクト形式の場合
      1. クライアントは、ワーカーに対する仕事の対価の支払義務が発生した場合、当該予算総額(発生しうる仕事の対価の総額)につき、発注時に、クレジットカード決済による払込みを行うものとします(以下「仮払い」といいます)。ただし、クライアントが、うるるの定める与信基準に基づいた与信審査を通過した場合には、当該予算総額の後払いを認めるものとし、うるる指定の銀行口座への振込を行うものとします。
      2. うるるが、成果物の検収に合格した旨の検収結果通知をクライアントから受領及び確認し、クライアントからワーカーに対する業務委託料その他の仕事の対価額が確定した時点で、クライアントが仮払い済みの金額の範囲内で、ワーカーは確定的に仕事の対価の支払いを受けたものとみなし、当該金額に関してクライアントのワーカーに対する仕事の対価債務が消滅するものとし、当該仕事の対価相当額をワーカーが選択指定する方式に従ってうるるがワーカーに引渡すものとします。ただし、うるるはクライアントから現実に受領した仮払い金額の範囲内でのみ、ワーカーに仕事の対価を引渡す義務を負うものとします。また、うるるは、ワーカーに対する仕事の対価相当額の引渡しにあたり、当該仕事の対価相当額の引渡債務と、ワーカーのうるるに対するシステム利用料及び振込手数料の支払債務を対当額にて相殺の上、その残額をワーカーに支払うことができるものとします。
    2. タスク形式の場合
      1. クライアントは、仕事の依頼に際して仕事の対価金額を設定し、仕事登録手続が完了するまでに、うるるに対して、クレジットカード決済により、当該仕事の対価金額と同額のタスク保証料を支払うものとします。ただし、クライアントが、うるるの定める与信基準に基づいた与信審査を通過した場合には、当該後払いを認めるものとし、うるる指定の銀行口座への振込を行うものとします。なお、タスク保証料は、うるるがクライアントからお預かりするものではなく、クライアントからうるるに対してお支払いいただくものです。
      2. うるるは、クライアントによる成果物の検収に合格した旨の検収結果通知を受領確認した時点で、クライアントに代わって、ワーカーに対して、うるるが別途定める仕事の対価の出金方式のうち、ワーカーが選択指定する方式に従って第三者弁済するものとします。なお、当該第三者弁済にあたっては、うるるは、ワーカーがうるるに対して負担するシステム利用料及び振込手数料を控除します。うるるは、当該ワーカーへの第三者弁済を行なった後に、クライアントに対して発生する第三者弁済に基づく求償金請求債権と、クライアントが、うるるに支払ったタスク保証料を相殺するものとします。
  5. 第1項(2)号に定めるシュフティの有料オプション利用料については、申込者がうるるに、申し込み時に、クレジットカード払いにより支払うものとします。ただし、クライアントが、うるるの定める与信基準に基づいた与信審査を通過した場合には、当該の後払いを認めるものとし、うるる指定の銀行口座への振込を行うものとします。
  6. うるるに対するクライアントの振込手数料については、クライアントが負担するものとし、ワーカーに対するうるるの振込手数料については、ワーカーが負担するものとします。
  7. ユーザーが指定できる振込み先口座は、銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、労働金庫、信用農業協同組合連合会、信用漁業協同組合連合会、農業共同組合のいずれかの日本国内の口座とします。なお、ユーザーが指定した口座情報に不備があり振込みができない場合、組戻しにかかる手数料はユーザーが負担するものとします。
  8. ユーザー間で本取引に関する仕事の対価を直接授受することを禁止します。
  9. 以下の各号に掲げる場合には、本規約の規定に拘らず、うるるは、当該取引の支払事務を終了し、うるるに払い込まれた当該クライアントの予算総額のうち、該当する金額をうるるの定める支払いサイトに従いクライアントへ返金することができるものとし、当該取引の当事者であるユーザーはこれに予め同意したものとみなします。ただし、返金の際の振込手数料は クライアントの負担とします。また、返金額が最低出金可能額(出金を行うための閾値金額のうち、最も金額が低いもの。以下「最低出金可能額」といいます)を上回る場合にのみ、返金を行うものとします。
    1. 業務の完了前に、本取引のいずれかの当事者より、相手方に対して、業務の中断又は停止の意思表示があった場合において、相手方が2週間以内に承諾又は不承諾の意思表示を行わず、うるるがこれを確認した場合
    2. 本取引が当事者であるユーザー間の合意により解除され、うるるが本取引の当事者であるユーザー双方からその旨を確認できた場合
    3. 本取引のいずれかの当事者が、仕事の対価の支払い義務や成果物の引渡し義務等の本取引に基づく義務の履行を遅滞し、相手方又はうるるがその履行を催告したにもかかわらず、当該当事者が2週間以内に同義務を履行しなかった場合
    4. 本取引の当事者から提供された情報等をもとに、うるるが本取引の当事者であるユーザー双方に確認し、債務の本旨にしたがった履行が行われたか否かの点について、当事者間に争いがあることが認められた場合
    5. クライアントが仮払いした予算総額を、実際にワーカーが納品し検収が完了した金額の合計を下回り、残金が生じた場合
    6. その他うるるが予算総額を留保することが不適当であると判断した場合

 

 

第12条 決済完了手続についての特則

  1. うるるはうるるが定める与信管理基準に基づく審査を通過したクライアントに限り、後払いを認めます。この場合、当該クライアントは、うるるが指定した支払期日まで(支払期日が土日・祝祭日にあたるときは、土日・祝祭日を除く最終営業日(前営業日)まで)に、うるるが発行する請求書に基づき、次の合計額を、うるる指定の銀行口座に振り込む方法により支払うものとします。 
    1. 取引成立金額
    2. 後払いシステム利用料(取引成立金額の5%の金額とし、1円未満の小数点以下は切り上げるものとします(消費税はこれに含まれるものとします)。これは第11条に定める利用料とは別の利用料となります) 
    3. 有料オプション利用料
  2. 前項の規定に基づき、クライアントがうるるに対して後払いシステム利用料を支払う場合には、うるるからクライアントに対する請求金額に後払いシステム利用料が上乗せされるものとします。
  3. 後払いの銀行決済において、クライアントが請求書記載の支払期限までに支払いを行わなかった場合、その他、クライアントの信用状態が悪化したとうるるが判断した場合には、うるるは1項の後払いを停止させることができものとします。この場合、うるるは、ユーザーに対して当該クライアントが後払いを利用できなくなった旨を代理して通知を行うこと等、クライアントの後払いの利用を停止するためにうるるが必要であると判断した一切の措置を採ることができるものとします。

 

第13条 登録内容変更の届出

ユーザーは登録時に登録した情報に変更があった場合、直ちにユーザー設定にて、登録情報の変更を行うものとします。ユーザーはうるるに対しメール又はお問い合わせフォームを通じての内容変更依頼はできません。

 

第14条 退会

  1. ユーザーはシュフティを退会する場合、シュフティ上の退会フォームにて申し込むものとします。
  2. うるるはユーザーからの退会の申込みを受領した場合、その旨を電子メールにて通知し、退会手続きを完了します。
  3. ユーザーは、退会の手続を行った時点で、ユーザー間取引の決済など取引の手続が未完のものがある場合には、一連の未完のユーザー間取引を本規約等に従って遅滞なく円滑に進め、完了させた後でなければ退会手続を行うことができないものとします。
  4. ユーザーは、ユーザーがうるるに対する金銭債権を保持している状態で退会申込みをした場合、当該ユーザーは、退会申込をもって、当該金銭債権を放棄することに同意するものとします。この場合において、うるるは当該ユーザーに対する金銭債務を弁済する義務を免れるものとします。

 

第15条 利用環境の整備

ユーザーは、自己の費用と責任において、シュフティを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を準備し、シュフティが利用可能な状態に置くものとします。また、ユーザーは、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由してシュフティに接続するものとします。

 

第16条 自己責任の原則

ユーザーは、ユーザーによるシュフティの利用その他シュフティに関する一切の行為及びその結果の一切についての責任を負うものとし、ユーザーは、シュフティの利用によりうるる又は第三者に対して損害を与えた場合(ユーザーが、本規約等における義務を履行しないことにより第三者又はうるるが損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

 

第17条 IDとパスワードの管理

  1. ユーザーは、登録したIDとパスワード等の自己の情報を自己の責任の下で厳重に管理するものとし、ユーザー資格・ID・パスワードを第三者に利用させ、又は譲渡・売買・貸与その他形態を問わず処分してはいけません。
  2. ユーザーは、ユーザーID及びパスワードを利用して行われたあらゆる行為は、第三者がユーザー本人の同意なく行った場合や不正にユーザーID又はパスワードを使用した場合等ユーザー自身の意思に基づかない場合であっても、理由の如何を問わず全て当該IDを保有しているユーザー自身による行為とみなし、ユーザーがその責任を負うことに同意するものとします。また、その行為によってユーザーに生じた一切の損害について、うるるはユーザーの故意又は過失の有無を問わず、一切の責任を負いません。
  3. ユーザーは、ユーザーID及びパスワードの情報が第三者に漏洩した場合、又はその虞がある場合、速やかにうるるに報告するものとし、うるるはユーザーの報告を受けた際には、当該ID及びパスワードによるサービス利用の停止又は終了その他必要な措置を講ずることができるものとします。ただし、うるるはかかる措置を講じる義務を負うものではなく、ユーザーID又はパスワードの不正利用に起因又は関連して生じたあらゆる損害(うるるがサービス利用の停止又は終了その他必要な措置を講じたこと又は講じなかったことに起因又は関連する損害も含む)について一切の責任を負いません。
  4. ユーザーは、ユーザー資格・ID・パスワードの盗用、紛失、第三者による不正利用に起因又は関連する一切の損害(一時的なシュフティの使用停止等に伴う損害、調査費用、得べかりし利益等の一切の損害を含む)をうるるに請求できないものとします。 
  5. うるるが、第11条に基づいて、ユーザーに対して、業務委託料その他の仕事の対価額及び対価相当額(以下「業務委託料等」といいます)を引渡す義務を負う場合に、ワーカーが、本サービスにおいて必要な処理を行わないまま、うるると連絡がとれなくなる等によって、業務委託料等を受領しない場合、うるるは、ワーカーのパスワードを変更した上で、ワーカーが行うべき処理を自ら行うことによって、ワーカーに対して、業務委託料等を引き渡すことができるものとする。

 

第18条 シュフティの取引に関する禁止事項

  1. うるるは、全てのユーザーが法令に則って安全且つ快適にシュフティ上で取引を行って頂くために、ユーザーに対し、以下に関連する行為を禁止します。ユーザーが以下に該当する行為を行った場合、うるるは、ユーザーの故意・過失を問わず、ユーザーが本条に違反したものとみなすことができるものとします。
    1. 他のユーザー、うるる又は第三者の商標権、著作権などの知的財産権、プライバシー権、肖像権、その他の権利を侵害する行為、その他他人に損害を与える行為
    2. 本規約等若しくは法令に違反する行為、詐欺その他の犯罪に結びつく行為、犯罪を扇動又は教唆する行為
    3. 公序良俗に反する行為
    4. 性行為や性的サービスを想起させる表現、わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に相当する画像又は文書等を送信若しくは表示する行為、これらを収録した媒体を販売する行為、又はその送信、表示、販売を想起させる広告を表示若しくは送信する行為
    5. 医療行為・法律事務・法的文書作成・旅行代理業など許認可・登録・届出・資格等が必要となる行為において無許可・無登録・無届・無資格等で行う行為
    6. 他のユーザー、うるる又は第三者のプライバシー、名誉若しくは信用を侵害する行為その他第三者に対して精神的損害を与える行為、ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為、大量又は長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行う行為、メッセージ機能により大量のメッセージを送信する行為、その他義務や理由のないことを強要する行為
    7. 人種差別、部落差別その他の差別を誘発し又は意識させる行為
    8. 出会い系サービスに関連する行為
    9. 脱法ドラッグ(いわゆる合法ドラッグ)に関連する行為
    10. 他のユーザー、うるる又は若しくは第三者の個人情報(電話番号や住所等)を発信及び公開する行為、又は依頼内容に照らして不必要であるにもかかわらず、発注又は受注時にユーザー自身の詳細な個人情報の記載を要求する行為
    11. シュフティ外でシュフティ及びシュフティ付随機能を商業目的で利用する行為、無限連鎖講、マルチ商法、又はそれに類する行為その他うるるが無限連鎖講及びマルチ商法に該当する恐れのあると判断する行為並びにこれらに相当する内容をシュフティ上に掲載する行為
    12. 第8条5項に定める直接支払等
    13. シュフティ若しくはシュフティの一部(コンテンツ・情報・機能・システム・プログラム等)を使用・転用・転売・複製・送信・翻訳・翻案などして、手法の如何を問わず商業・営業目的の活動、営利を目的とした利用又はその準備を目的とした利用をすること、その他シュフティの2次利用行為又は複製行為
    14. シュフティのセキュリティホールやバグの利用行為、不正アクセスや人為的な高負荷アクセスを発生させる行為、シュフティによりアクセス可能なシュフティ又は第三者の情報を改ざん若しくは消去する行為、第三者の設備又はシュフティ用設備(シュフティがサービスを提供するために用意する通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器及びソフトウェアをいい、以下同様)に無権限でアクセスする行為、シュフティ用設備の利用若しくは運営に支障を与える行為、又はシュフティを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングする行為
    15. シュフティにコンピュータウィルス等の不正プログラムを送信する行為、又は第三者がコンピュータウィルス等の不正プログラムを受信可能な状態におく行為
    16. シュフティを広告や宣伝・営業手段として利用する行為
    17. シュフティを翻訳・転載・引用・複写・コピーなどをして利用する行為
    18. 業務遂行以外の目的において、自身の依頼を自身、自身の親族、自身の役員若しくは従業員、自身の知人、自身の友人、又は自身の直接的・間接的な影響下にある関係者を恣意的に選ぶ行為、又は、第三者になりすましてシュフティを利用する行為
    19. 仕事の対価を明確に設定できない依頼を行う行為、又は成果仕事の対価を得ることを目的とする依頼(アフィリエイト、メルマガ登録等)を行う行為
    20. プロジェクト形式又はタスク形式において、依頼内容と明らかに異なる作業や重複した作業を行う行為
    21. プロジェクト形式又はタスク形式において、合理的な理由が無い作業拒否、又は作業承諾確定後に作業拒否をする行為
    22. うるるからの、又はユーザー間取引を行っている他のユーザーからの連絡に対する不当な応答の遅延や無視を行う行為
    23. ステルスマーケティング等に該当する行為、又は、ステルスマーケティング等に利用する行為
    24. シュフティ以外のサービスのガイドラインや利用規約に違反する行為、又は、違反行為を助長するような行為(例:レビュー投稿の代行、無在庫販売、ソーシャルサービスのアカウント作成代行など)
    25. シュフティ上に違法又は不適切な仕事(ワーカーに違法又は不適切な行為を行わせる場合及びワーカーを違法行為又は不適切な行為の客体とする場合を含む)を登録する行為
    26. その他、うるるが不適当と判断した行為
  2. ユーザーが前項各号に違反し、うるる、他のユーザー又は第三者に対して損害を与えた場合、故意過失を問わず、ユーザーは自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
  3. 本条第1項各号の内容は、本規約改定により適宜追加修正される場合があるものとし、ユーザーは、シュフティの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。

 

第19条 ワーカーの死亡・消滅

  1. 個人のワーカーが死亡した場合及び法人のワーカーが解散、清算(特別清算を含む)又は破産により消滅した場合には、当該ワーカーのシュフティの本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務は当然に消滅するものとし、当該ワーカーから第三者には引き継がれないものとします。
  2. 前項に定める死亡又は消滅したワーカーが、うるるに対し、既に確定した仕事の対価に対して出金処理を行っていない場合には、うるるは、出金処理を当該ワーカーの銀行口座に対して行うものとします。ただし、当該ワーカーの銀行口座が出金処理の際に、凍結されている場合など、うるるが出金処理を実行できない場合には、当該ワーカーは、仕事の対価全額の受領権限を放棄したものとみなし、うるるは、当該仕事の対価の支払義務を負わないものとします。

 

第20条 監視業務

  1. うるるは、ユーザーが本規約等に従ったシュフティの利用をしているか、また、本規約等に反する行為や不正な行為がないかを監視する業務を独自の裁量で行う権利を有するものとします。
  2. うるるは前項の監視業務を含めシュフティの提供上必要な範囲に限り、かつ必要に応じて、取引内容及びそれに準ずる事項全てを閲覧し、ユーザーの本規約等の違反行為又は不正行為に対してうるるが適切と考える措置を行うことができるほか、本規約に照らして関連する情報の一部又は全てを削除することがあります。うるるは、本項に基づきうるるが第三者に対して行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。ただし、うるるに故意又は重大な過失がある場合についてはこの限りではないものとします。

 

第21条 第三者の知的財産権の尊重

  1. ユーザーは、うるる、他のユーザー等、及び第三者の知的財産権を尊重する義務を負います。
  2. ユーザーは、シュフティを利用するにあたって、自らの知的財産権が侵害されていることを発見した場合には、うるるに対し、以下の内容を電子メール又は郵送にて報告するものとします。
    1. 著作権が適用される国
    2. 問題のあるシュフティ内のURL
    3. どのような方法で著作権が侵害されているかの説明
    4. ご自身が著作権を保持しており、その権利が侵害されていると思われる著作権の種類
    5. ご自身の電子メールアドレス
    6. ご自身の氏名・住所・電話番号
  3. 前項に基づく報告を受領した場合、うるるは当該侵害行為を行ったユーザーの強制退会その他の必要な措置を検討しますが、うるるが何らかの行為を行うことを保証するものではございません。また、郵送頂いた書面は、いかなる場合でも、お返しすることができません。
  4. ユーザーが第1項の義務を怠ったことにより、権利者又は権利者から許諾を受けた者とユーザー又は第三者との間で紛争やトラブルが生じた場合は、ユーザーは自らの責任と費用でこれを解決するものとし、うるるは一切関与しないものとします。ユーザーが前項の義務を怠ったことにより、うるるが損害を被った場合は、ユーザーはうるるに当該損害を賠償する責任を負います。

 

第22条 シュフティの一時的な中断

  1. うるるは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的にシュフティを中断することがあります。その場合にシュフティ内の利用・有効期限は延長される場合があります。
    1. シュフティ用設備の保守を行う場合
    2. 地震、洪水、火災、停電、動乱、暴動、騒乱、労働争議その他の事由によりシュフティのサービス提供ができなくなった場合
    3. うるるの使用する設備やシステムの障害、保守、メンテナンスその他の事由による場合
    4. その他、うるるがシュフティの一時的な中断が必要と判断した場合
  2. うるるは、本規約で特に定める場合を除き、シュフティの提供の遅延又は中断が発生したとしても、これに起因又は関連してユーザー又は第三者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。ただし、うるるに故意又は重大な過失がある場合についてはこの限りではないものとします

 

第23条 シュフティの知的財産権

  1. シュフティに含まれる工業所有権、ノウハウ、プログラム、著作権その他の知的財産権及びそれらに関連する全ての権利(著作権法27条及び28条の権利を含みます)はうるる帰属するものとし、ユーザーは、あらかじめうるるより書面による承諾を得た場合を除いて、シュフティの模倣、シュフティに含まれるノウハウの使用、画像、ロゴ、文章等の著作物の複製、翻案、公衆送信、その他の権利侵害行為をできないものとします。
  2. ユーザーはうるるに対して、ユーザーがシュフティを利用するために登録したサービス情報(公開の仕事依頼内容、プロフィール情報として公開した情報、ユーザー間における相談および回答内容、その他電子掲示板に掲載された情報、及びこれらに派生する情報を含みます)について、うるるのサービス提供に必要な範囲で使用することを永続的に許諾するものとします。

 

第24条 免責

  1. ユーザーは、シュフティ上に保存又はシュフティ上で作成したデータ等を、自己の責任において保存しなければならず、うるるは、これらのデータ等の保存について何ら保証するものではありません。また、ユーザーは、シュフティ上で保存するデータ等の消失やサーバーの稼動停止により自らが損害を被った場合であっても、うるるに対し損害賠償請求その他の責任追及をしないものとし、また、ユーザーが第三者からシュフティ上で保存するデータなどの消失やサーバーの稼動停止に伴いクレーム、紛争、損害賠償請求などを受けた場合にはユーザー自身の責任においてこれを解決するものとし、うるるに対して何らの責任も追求しないものとします。ただし、うるるに故意又は重大な過失がある場合についてはこの限りではないものとします。
  2. うるるは、シュフティ上のデータ等が消失(本人による削除は除きます。)し、又は第三者により改ざんされた場合は、技術的に可能かつ合理的な範囲でデータ等の復旧に努めるものとします。またこの復旧への努力の程度は、うるるがその裁量で判断決定することができるものとします。
  3. ユーザーが利用した機器・回線・ソフトウェア等により生じた責任及び損害、並びに、ユーザーがシュフティを利用する上での過誤による一切の責任及び損害は、ユーザーが負うものとします。ただし、うるるに故意又は重大な過失がある場合についてはこの限りではないものとします。
  4. うるるは、シュフティに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていないことについて、一切保証しないものとします。うるるは、シュフティに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていたことにより生じた一切の損害について、直接損害又は間接損害の別、予見可能性の有無を問わず、ユーザー及び第三者に対して一切責任を負いません。ただし、うるるに故意又は重大な過失がある場合についてはこの限りではないものとします。
  5. うるるは、シュフティにおけるサービス提供の状態、シュフティへのアクセスの可能性、シュフティの使用状態について何ら保証するものではありません。
  6. うるるは、シュフティがユーザーの皆様に役立つよう最大限の努力を行いますが、ユーザーに対するうるるの責任は、ユーザーが支障なくシュフティを利用できるよう、合理的な努力をもってシュフティを運営することに限られるものとし、シュフティの内容において、欠陥、一時停止、一部削除、変更、終了及びそれらが原因で発生したユーザー又は第三者の損害、シュフティの利用により又は利用できなかったことにより発生したユーザーの損害、並びにシュフティに起因するユーザー又は第三者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。ただし、うるるに故意又は重大な過失がある場合についてはこの限りではないものとします。
  7. うるるは、シュフティに関連してユーザー間、又はユーザーと第三者間で発生した一切のトラブルについて、一切の責任を負わず、何ら関知するものではありません。万一トラブルが生じた場合には、訴訟内外を問わず当事者間でこれを解決するものとし、当該トラブルによりうるるが損害を被った場合には、当事者は連帯してうるるに対し、うるるに生じた弁護士費用を含むすべての費用及び当該損害を賠償するものとします。
  8. 前各項にかかわらず、何らかの理由でうるるがユーザーに対し損害賠償の責を負う場合においても、うるるの責任は、当該ユーザーに関しうるるが過去6ヶ月以内に受領した利用料その他の金額の総額を上限とします。
  9. うるるは、ユーザーの退会後は、ユーザー間における請求権の有無などにかかわらず、当該ユーザーに対して一切のサービスを提供する義務を負うものではなく、ユーザー間取引に係る仕事の対価の支払に関する事項その他一切の事項について、何ら責任を負うものではありません。

 

第25条 シュフティの提供の変更・中止

  1. うるるはシュフティ上で告知した上、シュフティの機能又はサービスの一部又は全部を変更若しくは終了することができるものとします。
  2. うるるは、前項の通知後にシュフティの機能又はサービスを終了した場合には、ユーザーに対して、シュフティの機能又はサービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとし、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わず一切の責任を負いません。

 

第26条 本規約等の違反への対処

  1. うるるは、ユーザーが本規約等に違反した場合若しくはそのおそれのある場合、ユーザーによるシュフティの利用に関し第三者からシュフティにクレーム・請求等がなされ、かつうるるが必要と認めた場合、又はその他の理由で不適当とうるるが判断した場合は、当該ユーザーに対し、次のいずれか又はこれらを組み合わせた措置を講ずることができます。
    1. 本規約等に違反する行為又はそのおそれのある行為を止めること、及び同様の行為を繰り返さないことを要求し、これらを裁判上の差止請求として実現すること。
    2. 第三者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議(裁判外紛争解決手続きを含みます。)を行うことを要求すること。
    3. ユーザーの強制退会を行うこと。
    4. ユーザーが発信又は表示する情報を削除すること。
    5. ユーザーが発信又は表示する情報の全部若しくは一部を削除し、又は第三者が閲覧できない状態に置くこと。
  2. 前項の規定は第16条その他本規約等に定めるユーザーの自己責任の原則を否定するものではありません。
  3. ユーザーは、本条第1項の規定がうるるに同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことを承諾します。また、ユーザーは、うるるが本条第1項各号に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因してユーザーが損害を被った場合であっても、当該徐措置に起因又は関連する結果に関し、うるるに対して何ら責任を追及できないものとします。
  4. ユーザーは、本条第1項の措置が、うるるの裁量により事前の通知なく行われることを承諾します。

 

第27条 違約金及び損害賠償等

  1. ユーザーが本規約等に掲げる禁止事項に違反し、又は、不正若しくは違法な行為を行ったことによりうるる又は第三者に損害が生じた場合、ユーザーはその一切の損害(弁護士費用、うるるが第三者に行ったお詫び若しくは謝罪広告の費用を含みます)をうるるに賠償する責任を負います。
  2. ユーザーが第18条第1項第12号に違反し、シュフティを介さずに直接支払等(直接支払等を誘引した場合、又は直接支払等の誘因に応じた場合を含みます)をした場合には、ユーザーはうるるに対し、前項に定める損害賠償金とは別に、違約金として、当該行為がなければ支払われていたと推定される第11条第1項第1号で定めるシステム利用料の2倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)を支払うものとします。
  3. ユーザーが本規約等に掲げる禁止事項に違反して前条第1項の措置がとられた場合は、うるるは、違約金として、1項に定める損害賠償金とは別に、前条第1項の措置の時点で当該ユーザーに支払われることとなっていた金銭のうち、第11条第1項第1号に定めるシステム利用料の2倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円、若しくはユーザーに支払われることになっていた金銭が存在しない場合は100万円)を、当該ユーザーから支払いを受けるものとします。

 

第28条 個人情報の収集目的

  1. うるるは、個人情報およびそれに類する情報をうるるが定めるプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. ユーザーは、ユーザー間取引の相手方との間におけるトラブル(未納品、原本未返却、仕事の対価未払等)があり、法的措置等の必要性、ユーザー間同士での解決の必要等がある場合、明らかに正当な理由がないと認められる場合を除いてユーザーの連絡先(会社名(ある場合)・氏名・住所・電話番号・メールアドレス)を下記通り双方に提供することに同意したものとします。

    <個人情報を第三者に提供する事項>
    第三者に提供する目的
    ユーザー間取引の相手方との間におけるトラブル(未納品、原本未返却、仕事の対価未払等)があり、法的措置等の必要性若しくはユーザー間同士での解決の必要等があるため。
    提供する個人情報の項目
    氏名・住所・電話番号・メールアドレス
    提供の手段又は方法
    メールにて通知
    当該情報の提供を受ける者又は提供を受ける者の組織の種類、及び属性
    個人情報の取扱いに関する契約がある場合はその旨
  3. うるる及びうるるの子会社及び持分法適用の会社(以下「うるるグループ会社」といいます)の事業における情報提供、その他の活動(広告・宣伝メールの送信を含みます)のためユーザーの連絡先(会社名(ある場合)・氏名・住所・電話番号・メールアドレス)を下記通りうるるグループ会社に提供することに同意したものとします。

    <共同利用によるお客様個人情報の共有>
    共同利用の目的
    うるる及びうるるグループ会社の当該事業における情報提供、その他の活動(広告・宣伝メールの送信を含みます)のため
    共同利用される個人情報の項目
    会社名(ある場合)、氏名、住所、電話番号、会社名、メールアドレス、登録申込での記載情報
    共同利用する者の範囲
    うるる及びうるるグループ会社
    取得方法
    うるる又はうるるグループ会社における、WEB上の入力フォーム、契約書、メール、FAX、ハガキ、アンケート、口頭(電話等)、その他書面等による取得
    提供の手段又は方法
    パスワード若しくは暗号化による保護を実施した上での、メールや電子媒体による提供

 

第29条(広告等の配信)

うるる(うるるグループ会社を含みます)はユーザーが、シュフティのユーザー登録時に登録したメールアドレス、FAX番号、住所宛にシュフティ及びうるる(うるるグループ会社を含みます)が運営するシュフティ以外のサービスに関する電子メール広告、FAXDM広告、DM広告等の広告を配信、発送することができ、ユーザーは当該広告の受信又は授受に同意するものとします。

 

第30条 反社会的勢力の排除

  1. ユーザーは、以下の各号について表明し、保証したものとする。
    1. 自己、又は自己の役員、重要な地位の使用人これに準ずる顧問等、経営に実質的な影響力を有する株主等(以下「自己の役員等」という)が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はその関係者、その他反社会的勢力(以下総称して「反社会的勢力」という)ではなく、過去にも反社会的勢力でなかったこと、また今後もそのようなことはないこと。
    2. 自己、又は自己の役員等が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しておらず、また今後もそのようなことはないこと。
    3. 自己、又は自己の役員等が、反社会的勢力を利用していないこと、また今後もそのようなことはないこと。
    4. 自己、又は自己の役員等が、反社会的勢力に対して賃金等を提供し、又は便宜を供給するなど、反社会的勢力の維持運営に協力し、又は関与していないこと、また今後もそのようなことはないこと。
    5. 自ら又は第三者を利用して、相手方及び相手方の役職員、株主、関係会社、親会社、顧客、取引先等の関係先等(以下「関係先等」という)に対し暴力的行為、詐欺、脅迫的言辞を用いず、相手方及び相手方の関係先等の名誉や信用を毀損せず、相手方及び相手方の関係先等の業務を妨害しないこと。
  2. ユーザーが前項のいずれかの事項の表明、保証に違反する場合、うるるはユーザーと締結したあらゆる契約を解除することができるものとする。

 

第31条 本規約上の地位の譲渡等

  1. ユーザーは、うるるの書面による事前の承諾なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。
  2. うるるはシュフティにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

 

第32条 有効期間

ユーザーとうるるの本規約に基づく契約は、ユーザーについて第5条に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該ユーザーが退会した日又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社とユーザーとの間で有効に存続するものとします。ユーザーはかかる契約の終了に伴い、本サービスを利用する権利を失うものとする。

 

第33条 通知又は連絡

ユーザーへの通知又は連絡が必要な場合には、メール、サイト上での通知又は郵便を用いて行います。ユーザーが、うるるに対し連絡が必要であると判断した場合には、メール又は郵便を用いて連絡を行うものとします。うるるでは、うるるが特に必要と認めた場合を除き電話、来訪によるご連絡は受け付けしておりません。

 

34条 専属的合意管轄裁判所

ユーザーとうるるの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所をユーザーとうるるの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第35条 準拠法

本規約等に関する準拠法は、日本法とします。

 

[付則]

本規約は2007年1月1日より実施致します。

  • 改定・施行:2009年9月30日
  • 改定・施行:2011年1月29日
  • 改定・施行:2011年2月16日
  • 改定・施行:2011年4月1日
  • 改定・施行:2012年4月22日
  • 改定・施行:2012年5月18日
  • 改定・施行:2012年6月1日
  • 改定・施行:2012年8月22日
  • 改定・施行:2012年12月12日
  • 改定・施行:2013年5月16日
  • 改定・施行:2013年7月4日
  • 改定・施行:2014年6月25日
  • 改定・施行:2015年11月16日
  • 改定・施行:2016年5月31日
  • 改定・施行:2016年6月20日
  • 改定・施行:2017年6月21日
  • 改定・施行:2017年12月8日
  • 改定・施行:2018年6月4日
  • 改定・施行:2018年9月26日

お探しの情報が見つからない場合、問題が解決しない場合には、こちらからお問い合わせください。

シュフティサイトに戻る場合はこちらからお戻りください、

Powered by Zendesk