発注を成功させる3つのコツ

その1 「安心して見積もりを出せる」案件作成のコツ

その2 「受注者とWin-Winになれる」報酬額決定のコツ

その3 「優秀なワーカー」に出会うコツ

その1 「安心して見積もりを出せる」案件作成のコツ

お仕事情報の登録は、より良い発注にするための第一歩です。
受注者の目線に立って、「安心して見積もりを出せる」ための十分な情報提供をしましょう。

具体的に気をつけるべきポイントは以下の3点です。

1 仕事内容をシンプル、かつわかりやすく説明しているか

<良い例>
  ■指定サイトから「社名・代表者名など5項目」のデータを収集するお仕事です!!

こちらでは、具体的な作業内容をタイトルに記載しておりますので、
仕事詳細を見なくても作業のイメージができます。
そのため、ワーカーの仕事詳細の閲覧頻度が増える可能性があります。

 

2 報酬とスケジュールは明確に提示できているか

<良い例>
  ■希望納期:データお渡しから3週間以内

    ※作業ペースは1件あたり平均で1,2分です。

  ■データ1件あたりの報酬:20円
    ※データ1件あたり5項目(社名:代表者名・設立日・資本金・その他)

こちらでも作業にかかる工数及び納期までの期間を明示しており、
金額も具体性がありますので、ワーカーがよりイメージのできる状態で見積もりを出せます。

 

3 作業手順や納品方法を具体的に提示できているか

<良い例>
  ■作業の流れ 

   1.個別連絡ボード上で「入力フォーム(Excel形式)」をお渡しいたします。
   2.フォームに記載されているHPへアクセス
   3.フォームに沿ってサイト上に掲載されている5項目を入力していただきます。
    ※入力形式はシートに記載しております。
   4.全て入力が完了したら個別連絡ボードより[納品請求]を行っていただきます。

こちらでも期間や納品方法などを明示しているため、
作業するにあたり、何か必要で自分にできるかどうかの判断がしやすいですね。

細かなことですが、仕事内容や手順などがわかりにくい状態ですと、
見積もり提出をためらうワーカーが多くなりますので、できる限りわかりやすく説明をしてください。

 

その2 「受注者とWin-Winになれる」報酬額決定のコツ

報酬の決め方は実はかなりコツのいる重要な要素です。
予算の提示方法によっては、集まる見積もり数は3倍にも5倍にもなるでしょう。

多くの方は「なるべく安く」とすぐにコスト低減を打ち出してしまいがちですが、
これは優秀なワーカーさんとの取引を潰してしまう可能性があります。

ワーカーさんの立場になってみて、
自分ならこの作業量と報酬で応募をするかどうか、という目線も必要です。

予算はある程度確保しつつ、外注によって作業品質の向上・コスト低減を実現してください。

 💡「時給計算から」が妥当な金額算出のコツ

  1時間あたり823円(最低賃金の全国加重平均額)を目安に、
  作業時間から単価を算出することも可能です。

  <単価計算例>
  1作業(10分)を50件依頼する場合
  作業時間は10分×50=500分(約8時間)となります。

  上記作業時間より1件単価を計算する式は下記のようになります。
  (8時間×823円)÷50件=約131円 ※1件あたり単価

 

3 「優秀なワーカー」に出会うコツ

優秀なワーカーに出会うためには、下記の3種類の方法があります。

3-1 見積りがきたワーカーを選定するコツ

3-2 ピッタリなワーカーに仕事を紹介する

3-3 オプションを利用して案件を目立たせる

 

3-1 見積りがきたワーカーを選定するコツ

数十件集まった見積りから、どのような人に仕事をお願いしようか、非常に悩むことでしょう。
見積り価格が気になるのはもちろんですが、他にも大切な要素があるので、
ここでは、見積り価格以外に重視すべきポイントをご案内します。

対応スピードや見積もり時のメッセージ内容

こちらは作業時の対応の良さの参考になります。
なお、ワーカーによって対応可能な時間帯も異なりますので、
見積もり時に対応可能な時間帯を確認しておくと、なお良いでしょう。

 

納品実績・評価

特に「PR」や「これまでの実績」でどんな仕事が得意かや、
仕事に対しての取り組み方を記載されているワーカーが多いので発注前に確認しましょう。

 

 プロフィール欄の記載有無、記載内容

プロフィール欄はワーカーが自主的にアピールできる場所です。
意識の高いワーカーは活用していることが多いです。

3-2 ピッタリなワーカーに仕事を紹介する

優秀なワーカーから多くの応募を集めたい場合には、
依頼したいお仕事にぴったりなワーカーに対して積極的なアプローチをするとよりGoodです!

STEP1 ワーカーを探す

まずワーカーを探すより依頼したい仕事に適したワーカーを探しましょう。

また検索絞り込み機能を使って、カテゴリやスキル、
資格、評価などで絞り込みをしてよりマッチしたワーカーを探すことが可能です。

その中でPRや実績などを一覧で比較し、気になったワーカーに仕事を紹介しましょう。

STEP2 ワーカーに仕事を紹介する

気になるワーカーが見つかったら、ワーカーに仕事を紹介しましょう。

<仕事紹介機能を利用する>

現在募集中の仕事がある場合、「ワーカー詳細」ページ上に、仕事紹介のボタンが表示されます。
この機能を使うことで、気になるワーカーにピンポイントで仕事を紹介することができます。
無料で利用できる機能ですので、よりよい取引にするためにもぜひご利用ください。

仕事紹介機能について詳しく

 

 

3-3 オプションを利用して案件を目立たせる

より多くのワーカーに案件を見てもらいたい、とにかく早く取引を完了させたい、
などの場合、オプションのご利用もご検討ください。

仕事一覧の上位に固定で表示されるオプションから、
ワーカー100名に一括でお仕事を紹介するオプションなど、
取引をよりスムーズに進めるためのオプションがそろっております。

詳細は下記にてご確認ください。

オプション一覧
※ログインしてからご覧ください

サービス一覧



0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

ご質問・ご不明点については、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Powered by Zendesk