受注ゲットのテクニック

 プロフィール内容を充実させて、自分のことをアピール


発注者の多くは、企業に属している「ビジネスマン」です。

彼らが一番不安に思っているのは、
「顔の見えない在宅ワーカーに仕事をお願いして失敗しないか」ということです。

ビジネスにおいて「信頼」は非常に重要な要素ですので、
初めてプロフィールを見てもらう時に、きちんとした情報を伝えられるかどうかが、
信頼を得るための第一歩です。

 

💡 PRの情報はできる限り具体的に書きましょう。

PRはプロフィール内で一番見られる項目です。

どういった人柄なのか

仕事に対してどういった姿勢で取り組んでくれるのか

今までどんな仕事を経験してきたのか


また、シュフティに掲載されているお仕事の半分は、PCを使ったお仕事がメインになります。
PC環境や利用可能ソフトなどを記載しておくと、発注者にとっては非常に参考になるはずです。

こういった事柄を記載し、皆さんをアピールしましょう! 

 

 

 提案内容を丁寧に書きましょう


プロジェクトタイプのお仕事のお仕事の進め方【見積り提出~】


お仕事に応募する時は、発注者との初めてのコンタクトになりますので、
下記のような内容を記載し、誠実さをアピールしましょう。

※応募時にクライアントさまから指定の応募要項がある場合があります。
 お仕事の内容は必ず隅までチェックしましょう。

💡 応募時のメッセージは丁寧に!

挨拶や冒頭に「担当者様」といった文章を入れる

仕事に対しての意気込みや、過去に類似の経験があれば記載する

目安でいいので、大体どれくらいで作業が完了するか

・作業できる曜日時間帯や作業環境、メッセージに返信できる時間帯など

これらの項目を記載するだけでも、発注者の印象がよくなります。


🚫 却下されやすい提案内容

頑張ります

見積り提出します

よろしくお願いします

これだけの提案内容ですと受け手側にとっては、
ちゃんと仕事をしてくれるかどうかが見えにくいため、
提案内容を比較された時に落とされてしまう傾向にあります。

 

 

ご質問・ご不明点については、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Powered by Zendesk