調べたいキーワードで検索する

受注ゲットのテクニック1:プロフィール文の書き方

プロフィール文で大切なのは、発注者(クライアント様)に、きちんとした情報を伝えることです。
それが、クライアント様からみた「信頼」にもつながります。

多くのクライアント様は「顔の見えない在宅ワーカーに仕事をお願いして失敗しないか」という点について、不安を抱いています。

そのため、プロフィール文を通じて、クライアント様の信頼を得ることが大切になります。

具体的には、プロフィール文を作成する際に、下記のポイントを意識してみましょう!


💡 ポイント1:PRの情報はできる限り具体的に書きましょう

PRはプロフィール内で一番見られる項目です。
・どういった人柄なのか
・仕事に対してどういった姿勢で取り組んでくれるのか
・今までどんな仕事を経験してきたのか
などの事柄について、できる限り具体的に書くと、クライアント様からの信頼につながります。

 

💡 ポイント2:作業環境を記載しましょう

シュフティに掲載されているお仕事の約半数は、PCを使った作業がメインになります。
PC環境や利用可能ソフトなどを記載しておくと、発注者にとっては非常に参考になるはずです。
こういった事柄を記載すると、クライアント様も安心して、仕事を依頼しやすくなります!

 <プロフィール文例>

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
ワーカーとして、シュフティに登録させていただいております、主婦マルと申します。

これまで、主にライティングの仕事を中心に行なってきました。
ライティング歴は、5年ほどになります。
ライターとしては、読み手に伝わりやすい文章を作成することを大切にしています。

これまで、ライフスタイル系・スポーツ系・音楽系の記事などの執筆経験があります。
記事の執筆ペースについては、2000文字程度の記事だと、週に3記事ほど納品することができます。

その他、在宅で行う仕事を受注する際には、納期として定められた期日を守ることを厳守しております。
期日の厳守・それに伴うコミュニケーションについては、仕事を行う際の基本姿勢として、大切にしております。

作業環境としては、Macをメインデバイスとして使用しております。
一方、Windows端末での作業も可能です。

文書作成ツールとしては、Wordをメインに使っております。
その他、Excelの操作も可能です。
パソコン教室に通っていたこともあり、PC作業は全般的に得意としております。


それでは、よろしくお願いいたします!

 

お探しの情報が見つからない場合、問題が解決しない場合には、こちらからお問い合わせください。

シュフティサイトに戻る場合はこちらからお戻りください、

Powered by Zendesk